カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • ストマリズムmakuake活動レポート(ストマリズム四方山話)

makuakeでクラウドファンディングを行いました。
プロジェクトをご支援頂きました皆様ありがとうございました。

   詳細はこちら(makuake)     




御礼とご報告


「新ゴルフギア!ゴルファーの服の乱れを整え、プレーのリズムも整える【ストマリズム】」
プロジェクトをご支援頂きました皆様、心より感謝申し上げます。

数あるプロジェクトの中から【ストマリズム】を応援くださり心より御礼申し上げます。
皆様のご判断が間違いではなかったと思える【ストマリズム】をこれから心を込めて下記の工程で生産して参ります。
8/5 【ストマリズム】ゴム部分の生産完了
8/20 【ストマリズム】裏側すべり止めシリコン加工完了
8/27 【ストマリズム】縫製完了
8/30 【ストマリズム】検品・発送
何卒よろしくお願い申し上げます。






ズリ上がりの仕組み(3)滑らか(ツルツル)なシャツ

皆様、ストマリズムの応援誠にありがとうございます。
ズリ上がりの仕組みとして、最近のゴルフシャツの素材がポリエステルなどの
化学繊維が多い事も一つの大きな要因です。
天然繊維の代表である綿などは短繊維で、長さ3cmほどの繊維を紡績していますので
毛羽などにより摩擦抵抗が高いためズリ上がり難いです。
ラコステのポロシャツなどがそうです。 しかし、ポリエステルなどの長繊維は毛羽がなく摩擦抵抗が低いため、
滑らかで直ぐにズリ上がってしまいます。
そして、最近は特にシャツの中に写真のようなインナーを着ますので
ダブルで滑らかツルツルになってしまいます。

しかし、皆様に応援頂いています「ストマリズム」を装着頂きますと
嘘のようにズリ上がって来ません。
どうか期待してお待ちください!






ズリ上がりの仕組み(2)

シャツがパンツからズリ上がる仕組みについて2回目です。
ゴルフパンツとは関係ございませんが、パジャマのパンツは
ウエスト部に伸縮のあるゴムが装着されています。
例えば、パジャマの上着をパジャマのパンツの中にインして着用したとします。
そうしますと、パジャマのパンツはゴムのお陰で
前屈・後屈・側屈しても体に密着して隙間が空かないためインした
上着がズリ上がって来ません。そればかりか、上着は屈んだ方に
引っ張られますが密着したゴムのお陰で上着に釣られてパンツが
一緒に上がりズリ上がりを抑えています。
弊社は、元々パジャマ用のウエストゴムとして「ストマリズム」
に使用されているBBワッフルゴムを開発しました。「ストマリズム」
の出発点はここから始まりました。






ズリ上がりの仕組み(1)

皆様、この度は「ストマリズム」応援ありがとうございます。
今日はシャツがパンツからズリ上がる仕組みについて何回かに分けて説明させて頂きます。
一般にスラックス型のゴルフパンツはウエスト部が伸縮しません。
そのため前に屈むとパンツの後ろ側が空いて後腰部とパンツの間に
隙間が出来ます。ゴルフのシーンでは、グリーン上でカップまでの
ラインを屈んで見ている時などです。パンツは屈んだ反対側に隙間が出来ます。
前屈すると後ろ側、後屈すると前側、左側屈すると右側に隙間が出来ます。
それとは逆にシャツは屈んだ方に引っ張られのびます。そのため隙間ができると
当然シャツが引っ張られて隙間からズリ上がって来ます。当然ですが上がったも
のは元に戻りません。ゴルフのスイングでは連続的にパンツの隙間が
発生しシャツの引っ張りと相まってズリ上がりが激しくなります。






トイレで安心「ストマリズム」

「ストマリズム」のモニターになって頂いたHさんが、「ストマリズム」
はトイレに行ったときに安心だと仰っていました。トイレで便座に座った
ときに背中側のシャツの裾が便座より下に落ちて汚れないか気に立っていたそうです。
スタート前の時間のないときや、お腹がゆるゆるのときに、
ラウンドの途中でトイレに駆け込んだ時など特に心配です。
そんな時「ストマリズム」を装着していると裾が「ストマリズム」で
固定されるので便座にも付かずに安心して用が足せるとの事でした。
これはサラリーマンが装着しても安心ですね!






「ストマリズム」の装着は簡単!!




皆様、応援誠にありがとうございます。
「ストマリズム」の装着の仕方ですが画像の様にパンツの中に
隠すように装着してください。装着はとっても簡単です!!






「ストマリズム」で18ホール快適です!


この度は「ストマリズム」の応援誠にありがとうございます。
「ストマリズム」のモニターになって頂いたHさんの話を紹介させて頂きます。

Hさんは、ズボンのズリ上がりがひどく各ホール終わる毎にシャツを
入れ直しておられたそうです。それが「ストマリズム」を装着した途端、
今までが嘘のように全くズリ上がらないシャツに興奮気味でした。
結局18ホールまで快適にゴルフが楽しめただけでなく、
雑念が軽減してその分ラウンドに集中出来たようでした。
ウエスト部のゴムの圧迫感も全くなく快適だと。
もう手放せないとおっしゃられ「ストマリズム」を返してくれませんでした(笑)




   詳細はこちら(makuake)