カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • リズムを整える新しいゴルフ上達【ストマリズム】|スコアアップ 初心者 秘訣 方法 道具


   購入はこちら   

 

スコアアップの秘訣は服の乱れ!?


ゴルフというスポーツはメンタルでスコアが前後します。着衣の乱れが気になる。シャツの裾が頻繁にズボンから出てしまう。
そういう何気ないことでリズムは狂ってしまいます。メンタルはちょっとしたことでも変わるものです。まずは着衣の乱れを無くす。ここから直してみませんか?



  スコアアップの秘訣は色々あるが、、、    


ゴルフのラウンド中にシャツがズボンからズリ上がってくる事がありませんか?私は1ホール終わる毎にズリ上がりを直していました。そして周りを見渡していてもシャツがズリ上がっている方をよく見かけます。また、テレビで日本ゴルフツアー選手権やメジャーゴルフを観ていても多くのプロがズリ上がっている場面を見かけます。



また、ゴルフは自然との闘いでもあります。一年の中で快適な気候に恵まれる日は数えるほどでプレーヤーは暑さ・寒さ・雨・風の対策をしなければなりません。寒風の中でのウインドブレーカー、雨の中でのレインウエア、最近では防寒対策として充電式ヒーターベストや暑さ対策として扇風機の付いた空調ベストなどの商品が販売されています。しかし、残念なことにグリーンに上がりパターの段階になると、厚着のせいでパターグリップ先端と衣服が接触してパターがやり難くなり集中できません。





  充電式ヒーターベストや空調服を着ていても大丈夫!   





ゴルフ初心者でも使いやすい【ストマリズム】とは!?


  ゴルフ初心者が上達するためには、道具やギアを使いこなさないといけないが ストマリズムは着用するだけ    

ストマリズムは輪っかになってますのでパンツを穿くように装着するだけです。シャツのズリ上がりを防止するときはシャツの上に装着してパンツの中に隠してご使用ください。
パターグリップ先端と衣服の接触防止として使うときは、ウインドブレーカーやレインウエア・充電式ヒーターベスト・空調ベストの上に外から見えるように装着してください。外から見えても、ストマリズムに使用のBBワッフルゴムは、グッドデザイン賞を受賞してますのでデザインもグッドです。





  着用の仕方と調節の仕方を動画で確認!   

ストマリズムの長さの調整は簡単です。
ストマリズムには調整用のカニカンが2個付いています。長さ調整用のカニカンと先端タレ防止用のカニカンです。まず、長さ調整用カニカンを希望の長さに調整しその後、先端タレ防止カニカンを移動させて先端がタレない位置で止めてください。カニカンはゴムを爪から外し調整した後爪に入れるだけですので装着した状態のままでも長さの調整が可能です。また、一度長さを調整したらその後長さの調整をしなくて済むのでゴルフ場で慌てる事がありません。

 

【ストマリズム】には特許技術が使われています!


  ストマリズムのこだわり    

ストマリズム全体に使われていますBBワッフルゴムは当社特許取得のウエストゴムです。BBワッフルゴムは開発以来、沢山のパンツやパジャマメーカーの商品に装着され、既に1億着以上のパンツが出荷され沢山の喜びの声を頂いています。その喜びの声で一番印象に残っていますエピソードを紹介します。
ある日、福岡県在住の女性T様(S26生まれ)より会社に電話がありました。第2・3腰椎椎間板ヘルニアと狭窄症を患った方でした。そのT様が今までウエストゴムが窮屈でどんなパンツも穿けなかったが、BBワッフルの入ったパンツを買って感激のあまり、電話番号を調べてわざわざご連絡くださいました。電話口で泣きながらお礼を言われた時私ももらい泣きしてしまいました。
ストマリズムに使われていますBBワッフルゴムは40mm幅になりますが、パジャマや婦人パンツに装着いますBBワッフルゴムは15・20・25・30mm幅になります。
BBワッフルゴムは、表面のワッフル状のボリュームゾーンが生地との摩擦抵抗によりパンツのゴム道内の側壁に密着し、ひっくり返り防止や生地と密着しながら伸縮するため戻りが緩やかな低反発効果でお腹に優しいウエストゴムです。今回ストマリズムにはBBワッフルに備わる表面のボリュームゾーンの摩擦抵抗と裏側には新たにシリコン加工を施しシャツのズリ上りを防止しました。

【ストマリズム】はこうやって生まれた



2017年8月14日、全米プロゴルフ選手権で惜しくも優勝を逃がし、悔しい思いでした。
1 J.トーマス (-8) 2T L.ウーストハイゼン (-6) 2T F.モリナリ (-6) 2T P.リード (-6) 5T 松山英樹 (-5)
たった1打差で2Tになれたし、2Tなら同組のJ.トーマスにプレッシャーをかけリズムに乗ってプレーオフから優勝の可能性もあったかもしれません。
プロゴルファーはアドレスからフィニッシュまでのルーティンを大事にリズミカルにクラブを振ります。松山選手の蒸し暑い中でのプレーの様子を見ているとシャツがズボンからズリ上り、ベルトが隠れて見えないシーンが多くありました。多分テレビに映らない影で身だしなみを整えることもあっただろうことは想像するまでもありません。そういう何気ないことでリズムは狂って来るのではないでしょうか。メンタルはちょっとしたことでも変わるものです。そして1打の差が大きな差になって来るのではないでしょうか。
7年前にBBワッフルを使用したズリ上がり防止ベルトを開発しました。これはビジネスマン向けにシャツのズリ上がり防止として24時間装着しても圧迫感を感じず快適なようにソフトタイプにした商品でしたが、他の仕事に手を取られて非売品のままでした。
しかし、2017年8月14日全米プロゴルフ選手権での松山選手の姿が目に焼き付き、使命感に駆られスポーツ用としてハードタイプの開発に取り掛かりました。そして何回も何回もラウンドで装着テストを重ね、納得のいくまでテストを繰り返し開発に至りました。
その中で新たな使い道としてパター時のグリップ先端とレインウェアやウインドブレーカーとの接触防止にも使えることを考案しました。そして、ストマリズム(お腹でリズムをとる)と命名して今回初めて発売する運びとなりました。






開発したのは元グンゼの株式会社アジャックス代表


グンゼでは、染色課に4年半、生地の外注管理を10年、その後繊維附属商社に出向し7年半と22年間お世話になりました。グンゼ在職中に私は独学で「発明を特許にする方法」というメソッドに出会い、社内発明として特許や実用新案を出願するなど知的財産権を生み出す方法を手に入れました。起業してからも数々の知的財産権を取得し、資金や人財の乏しい零細会社の当社の強みは知的財産権を生み出すメソッドがある事だと思っています。
私が起業家を目指した大きな転機が、平成7年(1995年)に発生した阪神大震災でした。住んでいた家が全壊し家族4人が九死に一生を得ました。 神戸の方では火の手が収まらず、私の住んでいた西宮市の避難した小学校に遺体が運ばれてくるのを見て人生観が大きく変わってしまいました。奇跡的に助かった命、世のため人のためになるようなものを発明して喜んで貰いたい。その後、自分で5年計画を立て2001年7月20日付けで長年お世話になったグンゼ株式会社を退職させて頂き、翌日7月21日の私の40歳の誕生日に 起業家のスタート切りました。
しかし、言う事はカッコイイですが実際は悲惨なものでした。 2001年の日本経済は完全失業率5%を超えるマイナス成長を記録していました。今でも、ある信用金庫に融資の依頼に行って断られ、涙を流したことを思い出します。 家族の中では当時長男が中3、長女が中1とお金のかかる時でした。 しかし、不思議と暗くなりませんでした。それは阪神大震災の経験と明るい家族がいたからだと思います。
また、20年間会社が持ち堪えられたのは仕入れ先様・得意先様・金融関係先様をはじめ関係先様のお陰だと心から感謝して、消費者様に心から喜んで貰える商品開発に努めています。





   購入はこちら